2013年03月23日

【クラバウターマン?】ドレスローザに現れる”妖精”とは 考察

ドレスローザに現れるという”妖精”
yousei.gif

この妖精とは一体何者なんでしょうか?




702話ではゾロの「秋水」が何者かに盗まれてしまいます。

そしてその犯人を見つけたゾロはこう言います。
yousei2.png

「欲張ったな・・・ 妖精!!」




えっ?と思いました。

盗み?

妖精といえば過去のゴーイングメリー号をずっと見守っていてくれたとされている”クラバウターマン”のことだとてっきり思っていたからです。
kura.jpg

でももしかしたら妖精にも色々と種類があるのかもしれません。

ちなみにクラバウターマンとは実際にドイツ辺りにこの伝説が伝えられているとされており、
クラバウターマンが船にいる間は航海がうまくいくと言われ、
乗組員との関係がうまくいかなくなったり、船で犯罪が起きたりすると出て行ってしまう。
乗組員たちはマストや帆に船の精を見たり、ドタバタと大きな騒音を聞くと船が沈んでしまうと恐れた。
船が沈没する直前に船長の所に別れを告げに来て、飛び去っていく。

と言われております。



ではONE PIECEにおける妖精って一体・・・。

個人的にはイメージされる絵やゾロの秋水を小さな隙間からもって逃げているところから、

”小人族”ではないかと思っています。

ONE PIECEでは魚人や巨人族など、様々な種族が存在しております。

以前、ドフラミンゴがビジネスとして行なっていたヒューマンショップ。

種族一覧が記載してあるリストの中の1つに小人族と書いてあります。

その小人族が妖精ではないかというこです。

さらに尾田氏いわく2013年は種族についても触れていくみたいなのでありえるかもしれません。



ちなみにひとつ気になることは最初に説明してくれる麦わら帽子を被りシンバルを持った猿?が、

妖精について話すとき、ガタガタ震えています。

もしかしたら結構怖い存在?

怖い小人族・・・。

なんか想像つきませんが、

なにか特別な力を持っているのかもしれません!!




posted by ぴよ at 23:25| Comment(0) | 妖精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。